【バツイチ】30代後半女性の婚活奮闘記

最新情報

おうちデートで娘とバトル

<更新日時> 04月14日(月) 09:05

少し時間を置いたにしては、すぐジャンよ…。
子持ちの男性と会うことになっちゃいました。

前回は外で泣かれる大事故が起こったので、「うちに来ませんか?」ってことですよ。
ブランク明けの本丸攻めには少々抵抗が…。

負け戦承知で行ってくることにしました。
何か手土産もいるんだろうなぁ、何を持っていっても拒否られそう…と思いながらケーキを買っていきました。

到着して招き入れられてから、私も娘っ子も遠巻きに冷戦状態。
最初はおとなしくケーキを食べていたので、何とか大丈夫かと思いきや。

必殺技「ママのアルバム攻撃」を食らったのでした。
ないわー、それはないわー。ずるいじゃん。

男性も最初は「持ってこなくてもいいじゃないか。お客さんが来てるのに。」と遠慮を促していました。
ただ、「お客さんなんだなぁ。」と思い知らされましたね。

それから、ママのメモリーズタイムに突入し、薄ら笑いで眺めてきました。
帰宅したころには精根尽き果てて、絶対勝てない人が相手なんだってわかりましたよ。

男性からも「今日はすみませんでした。いやな思いをされましたよね。」ってフォローの電話があったけど、その日はお茶を濁して、後から「私ではいい妻にもいい母親にもなれないと思います。」とお断りしました。

うへぇ。これってキツイ話だったんだなぁ。
勉強させていただきましたよ。

これで子連れの選択肢はないな。

O結婚紹介所仲間に慰められる

<更新日時> 04月07日(月) 11:14

さすがに二股は不味かろうという判断で、O結婚紹介所の仲間と飲み会をして慰めてもらったわけですよ。

あー、もう本当に最悪。
愚痴って愚痴って、みんなには「無理だろうよ。お前、そりゃ無理だわ。」と死の宣告をされてしまいました。

自分でも無理かなぁとは思い始めていたので確信に変わってきましたね。
こんな性格だし、人様のお子さんを大事に出来るか自信もないんですよ。

参ったなぁ。
男性が乗り気なだけに断りにくいのもあります。

そんな時に限って、スダレI氏が面白いことをしてくれて、死ぬほど笑いましたけど。
何だかフサフサでね?髪の毛が…。

みんなもキョトンとしていましたけど、視線を感じた本人が白状しました。
「僕、自毛の植毛したんだよね。」

はぁぁぁ?何でよ。
てっきり季節の変わり目だから生えてきたかと思っていた全員が黙っちゃいましたね。

「僕がモテないのは毛が薄いからなんだぁぁ?」と絶叫していましたけど、「そこじゃないんだよなぁ。」と思っていたのは私だけじゃないはず。

頑張りはわかるけど方向性が間違っているので何とも言えない。
みんな一生懸命ですけど、微妙にずれているんでしょうね。

子連れピクニックで娘とバトル

<更新日時> 03月23日(日) 15:18

悩みましたけど、頑張ってキャラ弁作ってピクニックに行ってきました。
ちょっとだけ「雨でも降んないかなぁ。」と思いましたけど、ここまで来たらね。

小さい女とは言え所詮は子供、このキャラ弁には勝てるまい。
と思った私が愚か者。

「ピカチュウとかウケるぅ。古いよね。」「味が変。おなか壊しちゃうよ~。」「これって何?食べ物?」と散々、罵詈雑言的なものが飛んでくるんですよ。

こうなっちゃうと4歳児とか関係ないです。
あぁタチの悪いJKと変わらないじゃないかぁ。

しかも、食べ物かどうかを問われるものは入れてないぞ。
待て待て。この安い挑発に乗っては大人が廃ると必死の攻防戦。

何とか説明して説得して食べさせようと思ったら、4歳児は伝家の宝刀を抜いてきやがった。
必殺技「泣く」。

あー、もう。
やりやがった。

男性が取り成してくれようとしても、どうにもならないんですよね。
かくして前の夜から仕込みも始めた私のお弁当が残飯になったのでした。

もー。無理じゃね?

心が折れて打ちひしがれていたら、男性から、「ちょっと時間を置きましょう。僕が急ぎすぎました。ごめんなさいね。」と電話が来て、ほっとしちゃいました。

気分転換に婚活に戻ろうかしら。
何か望みがない感じ。

子連れデートで娘とバトル

<更新日時> 03月16日(日) 16:06

そんなこんなで子連れデートになったんですよ。
いや~本当に楽し…かったわけがないでしょ!!

この4歳の娘さんが、敵対心丸出しでかかってくるんですよ。
何かっちゃぁ「ママと違~う。」「ママは、そんなことしなぁい。」って絡む絡む。

4歳くらいだと母親が他界しているっていうのは理解できてないでしょうし、仕方がないですけど腹が立つ。
薄っすら母親のいない生活には気が付いているんだろうから、気の毒だし、我慢をしなくちゃね。

って思ったのも最初だけだっ!
あー。辛かったぁ。かわいくなーい。

男性からはフォローのメールも来て電話もかけてくれて、散々お詫びとか言われちゃったんで、何にも言い返せないですよねぇ。
しかも、「今度、3人でピクニックなんかどうですか?お弁当でも持って。」ってオイ。

そのお弁当係りは私ですよねぇ。
あー、頑張りますよ。キャラ弁っていうやつですよね~。

リベンジしてやるっ。

奥さんに先立たれた堅物銀行マン

<更新日時> 03月09日(日) 16:09

T結婚紹介所から凝りもしないでお見合いの話が舞い込んできました。
年齢としては3つ上の落ち着いた男性で、銀行マンだと聞きました。

でも、追加情報を聞いて、少しだけ困りましたね。
奥さんとは死別で、4歳の娘さんがいらっしゃるということ。

前向きに考えると、子供は産まなくてもいいということになりゃあしないかい?ということで安請け合いをしました。

最初は男性とだけあって、娘さんに合わせられる人かを確認したいっていうことなんですね。
それはそうでしょう。

ちょっと堅物だけど、銀行マンってこういうもんなんだろうなぁって思っていました。
話をしていても真面目そのものだけど、本当に素敵な方ですね。

外面の言い渡しを気に入ってくれたようで、ちょっとお付き合いをしませんか、って話になっていったんです。
まさか!婚活の卒業が出来るのか?いいのか?

ちょっと不安な感じでもありますけど、いずれは娘さんとも会うっていう話をしていました。
これって、ちょっと前の話で2~3回くらデート的なことが済んじゃってます。

いよいよ娘さんとのご対面ってとこまで進んじゃったんですよね。
大丈夫かなぁ?

次の記事 »

プロフィール

写真
ここに自己紹介文