【バツイチ】30代後半女性の婚活奮闘記

最新情報

BIG-Mのツタンカーメン式ダイエット

<更新日時> 07月28日(月) 11:26

今更になって、BIG-Mのダイエットが始まったようです。
しかも、ラマダンというイスラム教の断食を真似るので、「プチ」どころではない断食に突入をしてしまうと。

「本家では日中の食事はダメで、日没からはデーツを食べてもいいらしい。」とBIG-Mは言い放ちました。

本家って…キミは分家なのかね?立派なブデストじゃなかったのかね?というのは大いに疑問だけれど、まぁいいや。

夜な夜なデーツを貪り食っていた彼女は、「3週間で7.4kg痩せた!!」と大満足。
色んな意味で大丈夫かなと思うけど、確かにかなりしぼんでいた。

ウソは付いていないみたいだけど、彼女は正直すぎるのか、「○kg減った」の他に「今、○kg」も教えてくれる。
あー。これ逆算できるやつだ、そうですね?

そういうわけでBIG-Mの元の体重まで判明してしまったのです。
当然、ここで披露するわけにはいきませんが…。

実践しているのはツタンカーメンメイクをやりきったBIG-Mだし、このダイエット方法は、ズバリ!ツタンカーメン式でしょう!というオチなのでした。

やらかした後輩~第2段M氏店を持つ?~

<更新日時> 07月21日(月) 09:13

また続きましたが、今回でM氏のカラカワレは一段落します。
黄桜への転職を勧められて、いつブチキレても可笑しくないM氏に対して、後輩の攻撃が続きます。

後輩A「先輩!店出しましょうよ!お店の名前は『ザビエルの館』でどうですかね?」
かなりシュールな提案をしてくる後輩たちです。

後輩A「それでー。商品は『ザビエルの館のケーキ』。ギャハハハ。」
後輩B「こんなにステキなゲリラ商法って中々ないっすよねー。ギャハハハ。」

お察しの通り、ここでM氏が完全にキレて大暴れをするという毎度の展開ですね。
冷静に止めてくれる男性は他にいませんし、女性陣も「あーあ、やっちゃったねー。」とテーブルを避けるだけ。

店の壁に穴が開こうが、グラスが割れ様が、弁償するのはM氏ご一行ですから、自分たちがケガをしなければ良いという寸法ですよ。

あの店、出禁になるでしょうね。

やらかした後輩~M氏が黄桜に転職?~

<更新日時> 07月14日(月) 14:01

前回の続きですが、悪乗りを始めた後輩たちは、M氏に何と転職をしたらどうかと提案し始めました。

ムッとしながらM氏が「どこの会社にだよ!」と聞くと、事もあろうに後輩の1人が…。
「決まってるじゃないですかぁ。黄桜ですよぁ。」

言っちゃいましたね。あぁ言っちゃいました。
かっぱのCMでお馴染みのお酒の黄桜ですよ。

もうM氏の顔が怒りで赤くなってきているのに気がつかない後輩たちは、面接のアドバイスまで始めたんですよ。

「面接では頭の天辺を手で押さえていって、自己PRをどうぞって言われたら手を外して『かっぱっぱ』って言えば即採用じゃないですかぁ。」

「止めといて、もう止めないと、あんたたち本当に大変な目に合うからね。」と女性陣が見つめる中、エスカレートしていくんです。

ちなみに、まだM氏がキレてない段階ですけど、このあとの大噴火予兆は見えていました。
その様子は次回に。

久々のM氏。後ろ姿がザビエルに

<更新日時> 07月07日(月) 06:59

久しぶりにO結婚紹介所のM氏と、愉快な後輩たちとの飲み会になりました。
まぁ出会いのない不毛な飲み会ですが、どこにチャンスがあるかわからないものです。

先にM氏ご一行がお店に着いていて、私とBIG-M、Kさんがノコノコと席に向かって行きました。
背中を向けてる男性が、どうやらM氏のようなのですが、「かっぱ?」という頭頂コンディション。

婚活のダメージなのか仕事のストレスなのか、すっかりハゲ散らかしていました。
フローリングの床のようにテッカテカでもあり、この時点で嵐の予感はしたんですよね。

初めは、そういう話もなく雑談やら恋話なんかで盛り上がっていて、お酒が入ると段々、愉快な後輩たちの魔の手が、M氏のハゲに近づくわけですよ。

ちょっとしたことでも暴言に取られかねない状態なので、女性陣はヒヤヒヤしていました。
これですね。

ちょっと書ききれないので次回持越しにします。
スゴイですから。

ここにもあったよ。借金地獄

<更新日時> 06月22日(日) 07:53

かなーり前ですが、Y氏が借金地獄にハマっていて別れた話をしていますが、このご時世、どこで同じ展開になるかは分かりませんよ。

さて、時給795円で働いているAくんですが、どうやら借金をしているようなのです。
散々ケチケチデートをしていたのですが、自分に対してはジャンジャカ使っていたと。

スナックに通いまくって、ボトルも入れまくって。
何しとんじゃい!と思いましたけどね。

そこで消費者金融様にご融資いただいているということですわ。
予てから疑問の「ご利用は計画的に」ですが、そもそも計画的にお金を使えないから、消費者金融様のお世話になるわけで、計画的に返済できる訳がないのです。

雪だるま式に増えていくAくんの借金を、何が悲しくて私が返済するもんだか。
それこそY氏の様に「一緒に返していこうね♪」のノリでしたけどね。

「あー。それ私のせいじゃないんで。サーセン。」
ただこれだけのお返事です。ハイ終わり。

次の記事 »

プロフィール

写真
ここに自己紹介文